夏の贈り物

中国の暦に起源をもち、室町時代から徐々に慣習となっていった「お中元」。
今では、お世話になっている方々に感謝の気持ちを贈ると同時に「暑い夏にいかがお過ごしですか」と健康を気遣う意味も込められています。
季節感のある食品や嗜好品が人気で、関東では6月下旬から7月15日までに、旧盆の習慣のある関西などでは一か月遅れの8月15日までに贈るとされています。

受け取られる方の好みが分かっている場合は、ギフト選びも迷いません。
喜んでもらえるギフトは、贈り手にとっても嬉しいお買い物になります。

「贈る品物に迷うとき、何を基準にして決めればよいのか。」
日本酒選びのポイントをご紹介します。

受け取られる方が日本酒愛好家で、お好みが分かれば、お酒の種類からお選びください。
いつものお酒もよいですが、ワンランク上のお酒はいかがですか?

日本酒は、普段使いのリーズナブルなものからプレミアムな高級品までバラエティに富んでいます。
感謝の気持ちとともに、選んだ理由やお酒に出会ったきっかけも伝えることができれば、味わいもひとしおになるのでは。
お盆を過ぎると「残暑お見舞い」として贈ってはいかがでしょうか。
もっと気軽にギフトを贈りたいときには、「御礼」や「ありがとう」ののし紙を付けると先方の負担も軽くなります。

賀茂鶴では感謝の気持ち伝えるお手伝いをいたします。
のし紙や包装は無料で承っております。ご注文時にお申し付けください。

限定酒も話題性があり喜ばれます。

おすすめの夏の贈り物はこちら!

代表メッセージ 会社概要 イベントカレンダー アクセス 受賞歴 採用情報
HOME 夏の贈り物
ページトップへ戻る