#8 詰口

出来上がったお酒の品質を保つために

生酒として出荷するお酒以外は「火入れ」をおこないます。
お酒を一時的に65度程度に加熱することにより、麹、酵母の活性を止め、出来上がったお酒の品質を保ちます。
その後、貯蔵タンクの中で静かに寝かし味と香りが熟成するのを待ちます。

クリーンルームで瓶に詰めて製品化

貯蔵された日本酒は、クリーンルームで瓶に詰めて製品化していきます。
こうして賀茂鶴はお客様の元へ届けられます。

賀茂鶴ができるまで

#1 精米 #2 洗米 #3 蒸米 #4 麹 #5 酒母 #6 もろみ #7 絞り #8 貯蔵・出荷
HOME 賀茂鶴ができるまで #8 貯蔵・出荷
杜氏の想い 見学直売所 賀茂鶴オンラインストア