第56回 日本酒造技術研究連盟 総会および全国選抜清酒品評会 褒章授与式の開催

4月22日(金)、グランラセーレ東広島にて日本酒造技術研究連盟総会および、全国選抜清酒品評会褒賞授与式が開催されました。

この会は通称「賀茂鶴会」とも呼ばれ、「清酒の醸造に関する研究を促進し、醸造技術の向上と優良清酒の醸造に寄与すること(規約第2条より)」を目的とし昭和42年に発足しました。

現在連盟には、東北から九州まで45名の杜氏が名を連ねます。

総会に先立ち行われた全国選抜清酒品評会では、日本酒造組合中央会 技術顧問 須藤茂俊様を審査長とする6名の審査員による厳正な審査の結果、1位から10位までが発表されました。

本年度の結果は下記の通りです。

順位 銘柄  製造場名  氏名(敬称略)

1位 賀茂鶴 賀茂鶴酒造株式会社 沖永浩一郎
2位 富久長 株式会社今田酒造本店 今田美穂
3位 和香牡丹 三和酒類株式会社 佐藤貴裕
4位 秋田晴 秋田酒造株式会社 小舘 巌
5位 極聖 宮下酒造株式会社 岡﨑達郎
6位 司牡丹 司牡丹酒造株式会社 浅野 徹
7位 綾菊 綾菊酒造株式会社 宮家秀一
8位 賀茂鶴 賀茂鶴酒造株式会社 椋田 茂
9位 慶雲長龍 長龍酒造株式会社 吉岡利晃
10位 雪の茅舎 株式会社齎彌酒造店 高橋藤一

入賞蔵の皆様、誠におめでとうございます。

このたび1位になった沖永のコメントです。

「このたび大変栄誉ある賞をいただきました。本年の造りを振り返りますとコロナ禍での仕込み、年末からの寒波で品温管理に大変気を使った年でした。できたお酒は華やかで香りの質が良く、味とのバランスが非常に良いお酒になりました。造りに携わったメンバーや普段より応援してくださった方々に御礼を申し上げるとともに、先日他界した母に良い報告ができる事に感謝します。」

会員の皆様には、この度のご出品、ご出席に深く御礼申し上げます。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

(2022年4月25日)

前の記事 【生酒の販売決定】賀茂鶴 蔵開き2022 【先着200名様 酒粕500g無料プレゼント!】
次の記事 令和3酒造年度 全国新酒鑑評会にて金賞を受賞
一覧に戻る
HOME 新着情報 お知らせ 第56回 日本酒造技術研究連盟 総会および全国選抜清酒品評会 褒章授与式の開催
会社概要 賀茂鶴オンラインストア
ページトップへ戻る