LANGUAGE

Kura Master 2024
「スパークリング清酒 光壽」と「純米大吟醸 瑞兆」が金賞受賞

2024年6月10日(月)、「Kura Master 2024」の審査結果が発表され、サケ スパークリング部門で「スパークリング清酒 光壽」が、純米大吟醸部門で「純米大吟醸 瑞兆」がそれぞれ金賞を受賞しました。

「Kura Master」はフランスのパリで開催される日本酒の審査会で、2017年から毎年開催されています。
審査員はフランス人を中心としたヨーロッパの方々で、ホテルのトップソムリエや、レストラン関係者、料理学校関係者など、飲食業界のプロフェッショナルで構成されています。
審査は、フランスの歴史的食文化でもある「食と飲み物の相性」にも重点が置かれ、ワイングラスでブラインドテイスティングされます。

「スパークリング清酒 光壽」は、仕込みから瓶内二次発酵まで一貫して低温で行うことで、米の旨味を閉じ込め、果実のような香りとさわやかな酸味を実現した発泡性純米酒。
きめ細やかな泡立ちが心地よい1本です。

「純米大吟醸 瑞兆」は、きめ細かな香りとなめらかで優雅な味わいの純米大吟醸です。
洋梨を連想させる華やかな香りと膨らみある米の旨味が特長です。
ラベルの揮毫は、広島の茶道上田宗箇流 家元、上田宗冏氏によるものです。

今回の受賞を励みにさらなる品質向上に努めてまいります。

https://shop.kamotsuru.jp/SHOP/kouju750.htmlhtml

 

https://shop.kamotsuru.jp/SHOP/zuicho720.html

(2024年6月11日)

前の記事 インターナショナルワインチャレンジ(IWC)2024 SAKE部門
「酒中在心 純米大吟醸 山田錦 鶯(うぐいす)」が銀賞受賞
次の記事
一覧に戻る
HOME 新着情報 お知らせ Kura Master 2024
「スパークリング清酒 光壽」と「純米大吟醸 瑞兆」が金賞受賞
会社概要 賀茂鶴オンラインストア
ページトップへ戻る