HOME 新着情報 イベント情報 3月14日、未明に地震からの甑仕舞

3月14日、未明に地震からの甑仕舞

広報の太田です。
「明日は甑仕舞か…」と思いながら、布団に入り、眠りに落ちた矢先…3月14日金曜日、午前2時10分ごろ地震がありました。
西条周辺は地震が少ない地域なので「震度5弱」の揺れには驚きました。
2号蔵、椋田杜氏は揺れて直後、お酒が気になりすぐに蔵へ飛んで行ったそうです。酒は無事。
ということでホッとし、夜が明けて、蔵を椋田杜氏が各蔵を見て回ったそうですが施設等も被害はなかったということです。
そんな金曜日、酒造りが終わりを迎えると毎年行われる「甑仕舞(こしきじまい)」がありました。米を蒸す巨大せいろのようなものを甑(こしき)といいます。今期の酒造りで使うすべてのお米を蒸すと甑を倒すのです。
甑仕舞は甑をしまう(終う)から「こしきじまい」なのではないかという話もあります。
そして会社によっては「甑倒し」ともいいます。
甑仕舞とは、杜氏さんや蔵人さんの労をねぎらう会社行事。賀茂鶴では縁起よく「甑仕舞(こしきじまい)」と言っております。
仕込は終わりましたが、まだ搾りは終わってません。
各地方から来られている蔵人さんは4月中旬に故郷へ帰られます。

前の記事 「西条酒蔵芸術祭→ConnecT←」  3月16日~23日
次の記事 今期の酒粕は4月11日で終売予定です。
一覧に戻る
会社概要 商品情報 賀茂鶴オンラインストア