「燗酒コンテスト2015」

広報の太田です。ご無沙汰をしておりました!!
9月に入り、そろそろ10月第2週の土曜日・日曜日に行われる「酒まつり」の準備等が増えてきて、
お酒の季節が近づいてきた事を感じます。
 
いつも驚かれるのですが、入社して以来、私達は飲みに行けば必ず夏でも燗酒を頼みます。
(あくまで個人的な感想です)その方が次の日に楽なのもありますが、何より肴との相性が良いように感じます。
 
この日本酒の特徴的な愉しみ方である温めて飲む『燗酒』の魅力。
やったことのない方には是非やってみていただきたいと思います。
そのまま温めるだけで美味しさ、旨味が増しますし、
何より、(あくまで個人的な感想です)酔う速度が自分で管理しやすい気がします。
 
冷酒は飲みやすいので、ついつい飲み過ぎて、飲み過ぎたと思った時には「時すでにおそし」…
地面が波打ってる経験を何度もしました。
もちろん「燗酒」も飲み過ぎれば同じですが、「酔ってるな」ということはわかり易い気がします。
…あくまで個人的な感想です。
  
 
 
【『燗酒コンテスト』金賞受賞のご報告】 
さて、本題へ入ります…
伝統的な食文化のひとつである日本酒。
その日本酒を温めて愉しむ『燗酒』の魅力をつたえるコンテストが『燗酒コンテスト』です。
 
2009年からスタートした『燗酒コンテスト』は、全国の酒蔵より『燗酒』にはこれ!という自信作を募り、
日本醸造協会会長 石川雄章氏などの専門家をはじめとする、流通、小売、飲食、雑誌編集者等を審査員に迎えて
年一回、夏に行われています。
 
そのスローフードジャパン・酒文化研究所 主催「燗酒コンテスト2015」において、
お値打ち燗酒(720ml 1100円以下(税別))・ぬる燗部門(40~45度)で「賀茂鶴 上等酒」が金賞を受賞しましたので、
ご報告いたします。

前の記事 お盆の営業について
次の記事 日本酒の日
一覧に戻る
HOME 新着情報 お知らせ 「燗酒コンテスト2015」
会社概要 商品情報 賀茂鶴オンラインストア