日本酒造技術連盟(2011-04-22)

2011年4月22日(金)、グランラセーレ平安閣(東広島市)において今年で45回となる日本酒造技術研究連盟が開催されました。
今年は、37社から40人の杜氏および製造責任者が参加しました。
午前中は講師を招いての最新の酒造に関する勉強会と併せて各杜氏・製造責任者が出品した酒の審査(全国選抜清酒品評会)が行われました。
午後からは全国選抜清酒品評会の表彰授与式が行われました。
全国選抜清酒品評会の結果は、賀茂鶴酒造株式会社 峠本忠義杜氏が第一位となりました。

<日本酒造技術研究連盟について>
この会は、昭和42年に賀茂鶴酒造株式会社で酒造技能を修得した者が各地の杜氏となり、その方々の技能を見るため、その年に造った酒を持ち寄り品評会をしたのが始まりです。現在では、北は秋田県から南は大分県までの37の酒造会社の杜氏や技術者が参加する会となっております。

前の記事 広島県清酒品評会(2011-04-15)
次の記事 大西清右衛門様来社  展示講演会(2011-04-23・24)
一覧に戻る
HOME 新着情報 お知らせ 日本酒造技術連盟(2011-04-22)
会社概要 商品情報 賀茂鶴オンラインストア