酒粕について

酒粕について昨日アップしましたが、酒粕はお客様の好みがいろいろで、固いものがいいとおっしゃる方もいれば、柔らかいものがいいとおっしゃる方もおられます。
賀茂鶴では様々な種類(純米・本醸造・吟醸・普通酒など)のお酒を醸造しております。
酒粕は酒の副産物です。
醸造する酒によって粕の感じもそれぞれ違います。
賀茂鶴ではその種類によって粕をわけていません。
精米歩合の高い大吟醸(精米歩合50%以下)や吟醸(精米歩合60%以下)は米の芯の部分を使用し、酒粕になると米の形が残っていることがあります。
そして、搾ったタイミングで硬いものや柔らかいものがあります。搾ったばかりはやはり少し硬いですし、数日たてば硬いもののも柔らかくなります。
賀茂鶴の酒粕は4㎏のみの販売です。ダンボールの中で小分けにはなっていません。
約5mmから約10mmの板状の酒粕が重なった(ミルフィーユ状態)状態で中に入っております。量が多いので保存される場合はお客様ご自身で小分けにしていただき冷蔵庫や冷凍庫で保存されることをお勧めします。
常温での賞味期限は約4ヶ月。冷蔵保存ですと約6ヶ月。 冷凍保存では約1年は美味しくお召し上がりいただけます。

前の記事 今期の酒粕は4月11日で終売予定です。
次の記事 第63回 西条清酒品評会
一覧に戻る
HOME 新着情報 お知らせ 酒粕について
会社概要 商品情報 賀茂鶴オンラインストア