平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 結果発表

5月18日(木)午前10時、平成28酒造年度全国新酒鑑評会入賞酒の発表がありました。
当鑑評会にて、賀茂鶴酒造2号蔵、および御薗醸造蔵が金賞を受賞いたしました。
 
・出品点数:860点
・金賞酒:242点(入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒です。)
・入賞酒:437点(成績が優秀と認められた出品酒です。)
 
「全国新酒鑑評会」は、現在全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会であり、
清酒の製造技術の向上と国民の清酒に対する認識を高めることを目的とし、毎年開催されています。
 
賀茂鶴酒造の受賞は、記録の残る1970年(昭和45年)~2016年(平成28年)延べ104蔵が金賞受賞となり、
12年連続の受賞となりました。
皆様に美味しいお酒をお届けできるよう、今回の結果を励みに、さらなる酒造技術の向上に努めて参ります。
 
 
 

前の記事 【遠州流茶道呉支部創立60周年記念茶会 賀茂鶴「蓬莱庵」にて開催】
次の記事 雑誌「料理王国」6月号に「一滴入魂」が掲載
一覧に戻る
HOME 新着情報 お知らせ 平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 結果発表
会社概要 商品情報 賀茂鶴オンラインストア