雑誌「料理王国」6月号に「一滴入魂」が掲載

今月発売の月刊誌「料理王国」6月号に、「賀茂鶴 純米吟醸 一滴入魂」が掲載されました。
今年の2月フランスのパリにて行われた、洋食と日本酒とのマリアージュを堪能して頂くディナー。
フランス料理界を牽引する24名のゲストの前で、フレンチの腕を振るったのは、
廿日市市宮島のレストラン「アル・ケッチャーノ」の奥田政行さん。
柔らかな香りとおだやかな酸味が特徴の「賀茂鶴 純米吟醸 一滴入魂」は、
甘みある玉ねぎをメインに、チーズや酒粕も使った、旨み豊かな一皿と共に提供されました。
今回のイベントは、広島県産の日本酒の魅力を海外にPRしようと、広島県が行っている事業の一環です。
記事によると、食への関心の高いフランスにおいて、今回のディナーはおおむね好意的な評価を得た模様。
海外での日本酒の評価には手ごたえを感じつつ、更なるPRに努めたいです。

   

前の記事 平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 結果発表
次の記事 雑誌「lala Begin」6月号に「古酒仕込み 梅酒」が掲載
一覧に戻る
HOME 新着情報 お知らせ 雑誌「料理王国」6月号に「一滴入魂」が掲載
会社概要 商品情報 賀茂鶴オンラインストア
ページトップへ戻る